utu-logo-1.png
うつ病への家族の対応とうつ病家族のケア:目次
1・うつ病は家族の対応で良くも悪くもなる

2・うつ病になった大切な家族

3・「うつ病家族の対応マニュアル」感想とレビュー

4・うつ病患者と家族・・・支えあうために。

5・うつでうつ病家族の私からあなたへ

6・うつ病に関する他のEブックと比べてみました。

7・うつ病に関する無料冊子のご紹介


うつ病は家族の対応で良くも悪くもなる

うつ病の家族にどう声をかけたらいいのか。
うつ病への対応や接し方をどうしたらいいのか。

うつ病患者を励ましてはいけない、というけど・・・。

時には「もっとしっかりしなさい!」
と言いたくなってしまう。
大切な家族に、どうしてあげたらいいのか。

utukazoku-il-1.png
よくわかります。
さぞかし、ご心配、そしてお疲れの事でしょう。


「家族の協力がなければうつ病は回復しない」

それはそうかもしれません。
家族に理解がないために
よけいに精神疲労を抱えてしまう。
そんな友達も何人もいます。


うつ病のつらさは「なった人でないとわからない」。
でも、うつ病の家族も同じですよね。
「なってみないとわからない」のは。
私は回復期のうつ病患者です。夫もうつ病です。

私はもう随分気分は安定してきて、
薬も減らしているところです。
飲んでいた薬です。今は少しずつ減らしています。
(寝る前のお薬もありますが、それも少し減っています。^^)

抗うつ剤.JPG

私もうつ病で夫の気持ちはわかる、とはいえ
なかなか成り立っていかない生活に
イライラする事がよくあります。

でも、このEブックを読んで、
そして聴いて、泣いてしまいました。

マニュアルも親切で丁寧、
明るい雰囲気ではげまされました。
内容も、うつ病の気持ちがよくわかる、と思いました。

そうだった。
夫は私がうつで辛い時、こうやって話を聞いてくれたっけ。
自分が「家族」の立場になったらすっかり忘れていました。

それでずいぶん救われたのでした。
私がこうやって生きているのも
そのおかげかも知れません。

そして、ホームページには「おまけ」とありますが
この「おまけ」で、
いろいろな思いが心にわいてきて、
思わず涙が出てきました。

とても、癒されました。

悩んでいる方に紹介しよう、と思いました。

うつ病家族の対応マニュアルはこちらです。

2.うつ病になった大切な家族へ進む
 

うつ病になった大切な家族

私の場合は自分がうつ病で休職している間に
夫がうつ病と診断されました。

「最近眠れない。」
「やる気がどうしても出ないんだよな。」
「自分だけなにもやってない、役に立ってない。」

普段の「なんとかなるんちゃいますか〜。」という
夫とはまるで人が変わったよう。
うつむいて、哀しい顔でため息ばかりついています。

今まで支えてくれた大切な家族がうつになってしまった。
うつ病の夫にどう対応したらいいのか。

「今までは、家事も手伝ってくれていたのに」
どうかすれば、情けなく、しっかりして欲しい、と。
そして「私が負担をかけたから病気になったのか」と。

うつ病になった辛さを知っていても、
うつになった家族にどう声をかけたらいいのか。

「孤立無援」そんな言葉がぴったりでした。


まだネットも引いていなかったし、
インターネット上のうつ病患者の家族の
家族会や掲示板すら
頼る事ができませんでした。

「インターネットを引いてよかった。」
そう心から思えたのが、増田泰司先生との出会いでした。

「もう大丈夫ですよ。」

うつ病家族への対応マニュアル
Eブックだけではありません。

いつも「笑顔 同封」。そんな先生のサポートと
購入者同士が支えあえるSNS形式の
うつ病家族の家族会=サークルがあります。

無料のダイジェスト版もありますので、
手に入れてみてはいかがでしょう。
サイトに入ってすぐ左下の方にございます。

※このサイトでは有料のEブックを扱っていますが
 それはとりあえず無視しておいて、無料のものだけでも
 参考になると思います。


こちらのサイトをご覧になったら
カウンセラーの増田泰司先生のお人柄がわかると思います。


あなたは、もう独りではありません。

3.「うつ病家族の対応マニュアル」感想とレビューに進む
 

「うつ病家族の対応マニュアル」感想とレビュー

もう「うつ家族の対応マニュアル」を出された
増田泰司先生のお人柄には触れていただけましたでしょうか。

無料冊子もサイトに入ってすぐ左下にあります。
サイトの中ほどに増田泰司先生の自己紹介が書かれています。
まだでしたら、下のイラストにリンクをはっておきますので
よろしかったらのぞいてみてください。^^

masudasensei.pngこんな方です。
サイトにはご本人の写真もあります。
実は牧師さんだったりします。^^



統合失調症と違って、
うつ病患者の当事者会はほとんどありません。
あっても東京くらいでしか活動されていません。

うつ病は「治る病気」だからです。
「そうはいっても・・・。」あなたの声が聞こえてきそうです。

そうなんですよね。
「心の風邪」なんて言われていても、
「風邪」どころではありません。
3ヶ月や半年で治るなんて人は、特殊でないかと思えます。

そういうことも、増田先生は、みんなわかってくれます。

マニュアルを読むと、なんだかよくわからなかった
「うつ病になった家族の気持ち」が
「そうだったのか・・・。」とわかると思います。

数ヶ月で治る、と言われていても、
そううまくいかない場合がとても多いことも。
そして、どう声をかけたらいいのか、
対応の仕方も、音声ファイル付で解説されています。

夜眠れなくて、不安になって泣いている家族に
どう声をかけたら話ができるのだろう?
音声ファイルを聞くと、事例のやりとりで
「ああ、こうやって聞いてあげればいいんだなあ。」

具体的にわかります。
本屋の本ではよくわからなかった事が、
実際に声のかけ方を音声の例で聞くことでよくわかります。

それでも、すぐにそううまくいかない。
そんな方のために、メールで相談もできます。

なにより、購入者限定のフォーラムがある。
つまり、同じ悩みを持っているうつの家族同士が
悩みを分かち合える家族会があるのです。

誰が見るかわからない掲示板とは違います。
とても安心できると思います。

何かご質問やご相談がありましたら、
私でよろしかったらどうぞお気軽にご相談ください。

こちらをクリックしてお気軽にご質問下さい。

うつは、必ず治ります。
 
4.うつ病患者と家族・・・支えあうために に進む
 

うつ病患者と家族・・・支えあうために。

わが家の話で申し訳ないのですが、
私の長引くうつ病を支えてくれた夫には
何の支援もありませんでした。

きっと疲れていたのだと思います。
でも、いつも穏やかに接してくれました。

そこに職場でのストレス、人間関係などの疲れ、
なのに私が夜眠れず辛さで夫を起こしてしまったり。

そして心身の不調を訴えるようになりました。
うつ病になった大切な家族を支えようとして
疲れ切って、自分までうつ病になってしまいました。

経済的にも不安になり、
ほんとうに共倒れと言っていい状況でした。


うつ病を治すには、投薬と休養が欠かせません。
うつ病を治すには、医師の治療が必要です。
でも、家族や周囲のうつ病への
理解や協力がなければそれも出来ません。

家族の力はうつ病の回復へのカギなのです。
でも、それがわかっていても
大きな負担や不安になる事は変りません。


うつ病という病気のせいとわかっていても
「しっかりして。」と言いたくなるのはなぜなのか。
わかっていてもこんなに腹が立ってしまうのは
なぜなのか。
そんな事が書いてある本は初めてでした。


このマニュアルと増田先生に出逢って、
心の支えができました。
「うつになってよかった。」
そんな風にも思えるようになりました。

あなたは、疲れきっていませんか?

共倒れになる前に、
うつ病になった大切な家族に、声を荒げて後悔する前に、
扉を開いてみられたらいかがでしょう。


本の内容のあらましは、ホームページに書いてあります。
内容が役だたない場合は返金保証もあります。

増田先生の連絡先はEブックの販売サイトの
一番下の「特定商取引法に関する表記等」のところを
クリックすると、住所、電話番号、メールアドレスがあります。
先生に直接、わからない事をお尋ねするのもいいと思います。

実は増田先生、牧師さんなんですよね。
私は無神論者なので申し訳ないんですが、
いろいろな悩みを聞いてこられ、対応してこられた
経験がおありなんだなぁ、と思いました。

私もけっこう先生にはメッセージとかで
愚痴をこぼすんですが、
いつも心のこもった対応をしていただいています。

「うつ病の家族への対応マニュアル」ホームページ

私でよろしかったら、何でもわかる事はお答えできます。
購入と関係のない事でもかまいません。
こちらをクリックしてお気軽にご質問・ご相談下さい。
 
5.うつでうつ病家族の私からあなたへ に進む。

うつでうつ病家族の私からあなたへ

ここまで読んでいただいて、ありがとうございます。

私もうつ病と診断されて7年目になります。
もうかなり回復してこんな事もできるようになりました。

夫も3年目になりますが、
「やる気が出ない。」
「自分だけ何もしていないようで情けなくなる。」
とは言いますが、随分家事も支えてくれます。

「自分がうつになって初めて、
『自分だけが役に立ってなくて情けない』という
気持ちがわかるようになった。」
と言います。

今では二人とも「うつ病」になったからといって
そんなに自分を責めたりしなくなりました。
部屋が散らかっていたり、不便もありますが、
支えあって仲良く暮らしています。

私はカウンセラーではありませんが
「介護支援専門員(ケアマネージャ)」という
高齢者の方の相談業務をしています。

うつ病も経験し、関連する書籍もたくさん読みました。
うつ病の家族の方の気持ちも
少しはわかると思います。

こんな私でよろしかったら、
いつでもご相談、ご質問をお受けいたします。
別にEブックの購入に関する事でなくてもかまいません。
お気軽にお問い合わせ下さい。(もちろん無料です。)

というのは、悩んでいらっしゃる方が本当に多いからです。
少しでもお役に立てたら、と思うのです。

こちらをクリックしてお気軽にご質問下さい。

6.うつ病に関する他のEブックと比べてみました。へ進む。
 

うつ病に関する他のEブックと比べてみました。

うつ病に関するEブック(電子書籍)は
いくつかありましたが
ほとんどが
うつ病の当事者向けのものか体験談でした。


サラリーマンである私がうつ病患者を脱出し情報起業家としてめざめさせた回復方法とは?
うつ病回復マニュアルにこういうものがあったので
ちょっと購入してみました。

この価格で販売するようなものではありません。
回復期のリハビリ方法に興味があったのですが、
「図書館などに出かける」としかありませんでした。

何部もの冊子にわかれていますが、どれも字が大きく数ページ。
あまり長く読む事のできない人に、という事かもしれませんが
あまりにも内容が少ないのに驚きました。

いい勉強になりました。;;


他の体験談のようなものは、
むしろ市販のもので充分だと思います。
その人の体験が全てあてはまるわけでもありません。


うつ病の当事者の方に推薦できるものとしたら
うつ専門の心理カウンセラー下園壮太先生の
「プチ認知療法DVD」


最近発行されたのですが、DVDなので
本を読むよりは負担になりません。

適当な長さで休憩できるように作られた
セミナーの録画のような形式と自信回復法です。



そして、うつ病の家族を支援するような内容のものは
見当たりませんでした。

ホームページにもありますが、増田先生も初めは
うつ病患者当事者へのEブックを書こう、と思ったそうです。

そこで、クライアントの方に
「『うつ』なのに、本なんて読めないよ。」と言われて、
「はっ」とされたそうです。
そして家族に向けたマニュアルにした、という事でした。

私も調子の悪い時は全然本の文字が頭に入ってこず、
本を読む事ができませんでした。
今でも、前のようにそんなに一気には読めません。
ブログを作るのも、休み休みです。

「当事者の言葉には重みがある。」と話しておられました。


「うつ病家族の対応マニュアル」に
出逢ったのはとてもラッキーだったと思います。

こちらなら、私も自信を持っておすすめできます。
「うつ病の家族への対応マニュアル」

7.うつ病に関する無料冊子のご紹介 に進む。
 

うつ病に関する無料冊子のご紹介

うつ病に関して比較的よくまとめられている
無料冊子をみつけました。

何冊か読んだのですが、少し「これは違うな。」
というものもあり、改めてうつに対する誤解の多さや
理解のなさを感じました。

当事者から見れば「一知半解だな。」と
思うものが多いですね。
市販の本やインターネットの知識を
ただまとめた、という印象のものが多かったです。

他には、自分の経験を
「それが全て」のように押しつけるものなど。
うつ病はほんとに十人十色、抗うつ剤の効き方もそうです。

この無料冊子は増田先生のものではありません。

無料冊子を申し込むと著者の方からの勧誘メールが
かなり頻回に届きますが、不必要ならすぐ解除できます。

でも、無料冊子自体は「うつ病」に関して
きちんとした内容が書かれていて、
うつ病を理解するのには、とてもいいものだと思います。

無料の冊子を読んでみたい、と興味がおありでしたら
お名前(仮名でもけっこうです。)とメールアドレスを
打ち込んでご請求下さい。

折り返し無料冊子のダウンロード方法をメールでお知らせします。

※すみません。
この無料冊子は現在ダウンロードできないようです。
一時的に増田泰司先生の無料冊子
「うつ病家族への対応マニュアルダイジェスト版」
のご案内となっております。

販売されているホームページのものと同じですが、
まだでしたら、こちらからも請求できます。

無料冊子はそういう事がありますので
後日、私が自分で作ります。
少々、お時間いただきます。

ダウンロードできなかった方には、誠に失礼致しました。

うつ病の無料冊子の請求はこちらからどうぞ。


本当にお悩みなら、有料でも
Eブックの方を検討された方が早いかもしれません。

「うつ病家族の対応マニュアル」

メールサポート、購入者フォーラム、返金保証つきです。
 

用語集と豆知識(1)

うつ病は「心の風邪」と呼ばれるくらい精神疾患の中ではありふれていて治療法も確立している病気です。

しかしうつ病患者当事者の心の苦しみは「風邪」どころではなく、今は「肺炎」とか「骨折」に比喩される場合が多くなっています。

うつ病は「心の病気」ですが、実際は脳内物質が不足して起こる脳の病気です。そこまではわかっていますが、なぜ脳内物質が不足するのか、脳内物質がうつ病の症状とどこまでどう関わっているのかなど、詳しい事はまだはっきりとは解明されていません。

うつ病は脳の神経と神経の間の伝達物質「セロトニン」や「ノルアドレナリン」を減らさない、または増やす効果のある「抗うつ剤」を服用する事によって改善されます。投薬だけでなく、合わせて休養をとることがとても大切です。抗うつ剤の投薬と休養の相乗効果により、回復する事がわかっています。

うつ病はかつては「真面目で几帳面、責任感があり仕事の上でも有用な役割を果たしているような人がなりやすい」と言われていましたが、そういう傾向はあるものの、誰でもがかかる病気です。ある調査では16人に1人は生涯のうち一度はうつを経験する、というデータもあり、さらに年々増加傾向にあります。

うつ病は最近では30代の中堅層に増加傾向が見られ、また子供のうつ病なども増えているといわれています。高齢者の場合、認知症と間違えられるケースもあるので注意が必要です。

うつ病は患者本人にとっても辛い病気ですが、一番うつ病で危険なのは「自殺念慮」「希死念慮」が起こる事です。自殺を図る人の多くはうつ状態にあった可能性があります。

仮面うつ病は顔が仮面のようになるわけではなく、精神症状よりも頭痛、腹痛、腰痛、肩や首の痛み、吐き気など身体症状が前面に現われる事から「仮面うつ病」と呼ばれています。医療機関で検査を受けても「異常なし」と言われる場合が多いのですが、よく話を聞いたり、観察するとやはり精神症状も伴っている事が多くあります。

うつ病の回復には投薬と休養が必要ですが、なかなか休養がとれない、というケースが多くあります。本人の自覚と周囲の理解、協力が欠かせません。また、快適な気温・湿度・清潔な環境などもうつ病の回復に役に立ちます。

最近では「軽症うつ病」「プチうつ」「擬態うつ病」など普通の落ち込みと病気としての「うつ病」の区別が難しいケースも多くあります。ただし「軽症」だからと言って、本人の苦しみが軽いわけではありません。

うつ病では、「随分よくなった」という「回復期」に自殺するケースが多く、注意が必要です。

うつ病は病気としては、投薬と休養で3〜6ヶ月で回復する、とされる書籍、参考文献などが多いですが、実態は診断されていてもすぐには休めない、まだ回復期なのに無理に働いてしまう、周囲の理解や協力が得られない、などといった事から再発を繰り返し、実際の回復までに何年もの時間がかかる場合の方が多く、本人、家族とも負担が大きくなるケースがよくあります。

うつ病の治療には「抗うつ剤」の他「精神安定剤」「睡眠導入剤」などが合わせて処方される事が多いですが、その依存度はアルコールよりもはるかに低く、依存性を恐れる必要はほとんどありません。むしろアルコールに逃避することによるアルコール依存症は死につながる非常に危険な状態なので、アルコールに頼る事はやめなければなりません。

上にあげた薬の他に医師や症状によっては「メジャートランキライザー」と呼ばれる「抗精神薬」が処方される事もあります。レボトミン、リスパダールなどがよく使われるようです。

一般には「三環系抗うつ剤」「四環形抗うつ剤」その他の抗うつ剤があります。「その他」の範疇に入るものとしてはドグマチールのように、元々は胃潰瘍の薬として開発・研究されてきましたが、うつ病にも効果があるとわかって抗うつ剤に使われるようになったもの、アモキサンのように、あまりどの範疇にも入らないものなどがあります。また、最近では新薬としてSSRIやSNRIといった薬も出てきました。

脳内の伝達物質であるセロトニンやノルアドレナリンなど、モノアミンと総称される物質が減少することが原因である、という「モノアミン仮説」に基づいてモノアミンの再取り込みを阻害する目的で使われます。

今までの抗うつ剤と違い、副作用が少ない、などの利点があげられてきましたが、日本で認可され、広く使われるようになったパキシルなどでも、場合によっては問題のある副作用が起こると懸念されていたりもします。

一般的には、古くから使われているトフラニール、アナフラニールは作用が広範囲にわたり、効き目が強い代わりに副作用も強い、とされ、それ以降の抗うつ剤の開発は「いかにピンポイントに効いて副作用を減らすか」に置かれてきました。

とはいっても、私の場合、SSRIのパキシルは副作用で合わず、すぐに中止になりましたし、トフラニールを飲んでいますが、これといった強い副作用はありません。

いたずらに薬の知識を求めるのは本末転倒になりがちですから、主治医の指示に従う事が大切だと思います。医師に不安がある時には「セカンド・オピニオン」として別の医師の意見も聞く事もいいと思います。ただしどうしても合わない、という場合もあります。主治医を変わる、転院する場合は「診断書」「飲んでいた薬の履歴」(薬局で『お薬手帳』を作っておくといいと思います。)を持参した方が、それまでの治療履歴がわかりますので、一貫した治療を受けやすいと思います。

うつ病の知識を得るのにいいと思っていた無料冊子が配布をとりやめられていて、ご紹介できませんが、ファイザー製薬の「こころのひまわり」というサイトが、かなりまとまっているようです。2年ほど前にはそんなに充実していなかったので、あまり見ていませんでした。他のサイトも見てみましたが、こころのひまわりが一番わかりやすいし詳しいかと思います。

また、「Dr.林のこころと脳の相談室」はとても充実したサイトです。

ただし、このようないいサイトであっても「では、具体的にどう声をかけたらいいのか」という肝心なところがつかめません。また家族の心の拠りどころとしても、サイトを見るだけなので(Dr.林のサイトにはメール相談がありますが、直接の回答はありません。)物足りないものを感じます。

本当にどう声をかけていいかわからない、どう対応していいかわからない、他の家族の方はどうしておられるのか聞きたい、カウンセラーさんに直接メール相談をしたい、という方がありましたら、
うつ病の家族への対応マニュアルは本当にいいものなので、ご検討いただけたら、と思います。声のかけ方を音声ファイルで同時に聞けますし、「おまけ」の音声は、疲れたうつ病家族の、心を癒す、心のサプリメントのようだと思います。
                                  トップへ
muryousassi-gazo.png situmon-gazo-2.png